炊飯器で炊けるおいしいお米とは?

おいしいお米を炊くには、火加減の調節やそれなりの工夫が必要です。

もちろんお米自体の品質も重要ですが、炊くまでの過程にこだわることで、よりおいしいお米を炊くことができます。

ただ、おいしいお米を炊きたいけど、なかなか時間が取れないという方も少なくありません。

やはり自宅で「おいしいお米を炊くため」には、ある程度時間が必要になります。

つまり一日三食分のお米をおいしく炊くとなれば、それ相当の時間が必要になってしまうわけです。

そんな時間を取れない!だけどおいしいお米は炊きたい…

という方のために、ご紹介したいのが高性能炊飯器です。

実は、炊飯器にこだわることで、おいしいお米を炊くことができます。

今回は炊飯器で炊けるおいしいお米の種類を紹介しつつ、おすすめしたい炊飯器がどこまで進化しているかをご紹介していきます。

炊飯器でおいしいお米が炊ける?

お米を炊くときに、土鍋やなべを使う方もいますが、やはり炊飯器を使う方は圧倒的に多いと思います。

炊飯器を使えば、手軽に炊くことができる上に、保温機能などによって長時間おいしさをキープすることができます。

まさに、忙しい人にはうってつけのアイテムです。

しかし、炊飯器によってはさまざまなデメリットがあります。

例えば、保温機能は使い過ぎてしまうとお米の品質が劣化することにつながります。

そこで、冷ました状態で冷蔵庫や冷凍庫に保存する方も多いですが、もう一度温めると味が劣化していることがあります。

これは、お米が原因ではなく炊き方が原因の可能性が高いです。

他にも、炊飯器によっては水の分量で食感が決まってしまい、少しの変化で毎回お米の食感が違うということもあります。

このように、炊飯器ひとつでお米の仕上がりが変わってきます。

そこで、どんな仕上がりならおいしいお米なのか?

代表的なおいしいお米を例に、理想の仕上がりについて知っておきましょう。

ふっくらもちもちのお米

誰もがおいしいと感じるのがふっくらもちもちのお米。

どんな料理にも合うため、こうした仕上がりを求めている方は多いです。

炊飯器を開けた瞬間から、甘い香りが広がり、粒にツヤが見られます。

味は、しっかりとした食感と適度な歯ごたえが特徴的。噛めば噛むほど味が溢れ出し、一度味わったら病みつきになります。

炊き上がりをすぐに食べてもいいですが、少し湯気が落ち着いてから食べるのがおすすめ。

一粒一粒を味わって食べられるので、よりふっくらもちもち感を味わえます。

また、冷めてからもおいしいのが真骨頂。

お弁当に入れても、ふっくらもちもち感は持続するので、食感や味を損ねることはありません。

一粒一粒がしっかりしているので、食感はキープできていることが多いです。

おむすびなどは作りやすく、食感や味が持続するので、こうしたお米にはぴったりです。

有名なブランド米である「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」などがふっくらもちもちのお米といえます。

どの炊飯器でも一定の炊き上がりに仕上げてくれるため、初めてふっくらもちもちに仕上げたいならブランド米をおすすめします。

発芽玄米を使ったお米

通常のお米と一味違うのが発芽玄米。

健康面に気を使う人から注目を集めており、独特の食感も人気の理由です。

発芽玄米とは、その名の通り発芽している玄米のこと。玄米を数日の間、一定の温度で水に浸けることで発芽します。

この状態のことを発芽玄米といいます。

白米に比べて発芽玄米が注目を浴びている理由の一つとして挙げられるのが高い栄養素。

発芽玄米は発芽の際に酵素の働きによって、甘みが向上、アミノ酸が増加、味わいやすい食感に変化します。また、ビタミンやミネラルが豊富に入っています。

他にも、食物繊維やストレス対策として効果的なギャバなどが含有。

白米には、栄養価はありますが健康面での効能は少ないです。

その一方で、発芽玄米は豊富な栄養価が含有されているので栄養満点。

普段の食事の中で健康的な体に近づくことが可能です。

ここで、気になるのは発芽玄米の食感。玄米と聞くとなんだか食べづらいといった印象を持つ方は多いですが、発芽によって柔らかくなった発芽玄米はもちもちとした食感が特徴的です。

お子様をはじめ、お年寄りでも問題なく食べられます。

高い栄養価と老若男女が食べられる食感。

少しだけ炊き方をこだわるだけで簡単に発芽玄米を作ることが可能です。

食感自由自在のお米

お米を食べる時、好きな食感はありますか?

おいしいお米は自分にあった食感のお米であることが多いです。

実は、おいしいお米を作る上で食感は重要です。

炊飯器で炊く際の水加減や浸け置きの時間などで食感が大きく異なります。また、お米の種類によっても食感が変わります。

そこで、自分に適した食感のお米を炊きたいなら、ブランド米の利点を理解して、それに合った炊き方が必要です。

例えば、柔らかいお米に仕上げたいなら、お米を炊く前に水に浸けておきましょう。そしてある程度の時間、放置したら少し水を多めにして炊き上げます。

最後に、炊飯器の中で少し蒸らせば柔らかい食感のお米に仕上がります。

一方、硬いお米に仕上げたい場合は、お水の量を少なくして炊き上げましょう。

最近では、炊飯器で食感を決められることも多いため、わざわざ炊く前に水を調節する手間がなくなってきました。

理想のお米をスイッチひとつで作れるため、炊飯器にこだわるというのも一つの手かもしれません。

かまど炊きのようなお米

家庭用炊飯器が登場するまで、日本ではかまど炊きが主流でした。

お米のうまみを最大限に引き出してくれるかまど炊きは、今でもおいしいお米を炊く方法の代表格です。

しかし、実際にお家でかまど炊きをする場合は、時間と手間がかかります。

かまど炊きの特徴は強い火力で一気に炊き上げるという点。

この工程によって、お米がムラなく炊き上がります。一粒一粒に香りや甘みを閉じ込めることで、味わい深いお米になります。

自宅で作る場合は、この火加減に気を付けなければいけません。かまどは熱伝導が良いため、ムラなく強い火が行き渡りますが、炊飯器の場合は難しいです。

そして、強い火で炊き上げた後は、じっくりと蒸らすことで、さらに甘みを引き出します。

とにかく時間と手間がかかる工程なので、忙しい現代社会では適したい炊き方ではありません。

そんな中、最近ではかまど炊きと同じクオリティで炊き上げることができる炊飯器が登場しています。

かまど炊きに近い構造で作られているため、いつでもおいしいお米が味わえます。

普段からおいしいお米が食べたいけど、時間がないという方は、かまど炊きができる炊飯器を手にしてみてください。

炊飯器はここまで進化!おいしいお米がいつでも味わえる

ここまで、おいしいお米を紹介してきました。

理想のお米に仕上げるためには、ある程度手間をかける必要があります。水加減や道具の用意、お米選びなど日常的に時間がない方にとっては、どれも難しいことでしょう。

そこで、理想の炊き上がりを実現する炊飯器について知っておきましょう。

現在、炊飯器は大きく進化しました。ただ、お米を炊くだけでなく、理想の炊き上がりをスイッチひとつで実現したり、かまど炊きのような仕上がりにしたりできます。

数多くの炊飯器が登場している昨今、特に人気なのが高性能炊飯器です。

毎日の食事をより充実したものにしたいという方にとって、高性能な炊飯器は必要不可欠な存在です。

ある程度値は張りますが、おいしいごはんがあると、毎日の食卓を彩ってくれます。

おこめと炊飯器、どちらにもこだわりをもてば、もっとおいしいお米が炊けるのではないでしょうか?

超高圧でふっくらした炊き上がりに

超高圧で炊き上げることで、ふっくらもちもちのお米を作れます。

短時間で水分を逃さずに加熱すると、圧力がかかりすぐに沸騰、短時間でお米を炊き上げることが可能です。

また、強い圧力で加熱するとお米のでんぷんが分解されて甘みが出ます。でんぷんが分解されると低分子化し、もちもちとした食感と甘みを生まれます。

それを実現したのが、超圧力炊飯器「なでしこ健康生活」です。

業界最高の1.8気圧を実現しているのは、その内部構造にあります。

内釜はダイヤモンドコーティング。通常の炊飯器に使われている銅釜の5倍の熱伝導率を誇ります。

しかし、これだけでは熱が伝わりやすいだけですよね。

「なでしこ健康生活」では、特許を取得したダブルパッキンを採用。

しっかりと密封状態を作ることで、1.8気圧の高圧力をお米の隅々まで届けています。

そして、超高圧の特徴はなにもふっくらとした仕上がりだけではありません。

早く熱が通るということは、それだけ仕上がりも早くなります。

「なでしこ健康生活」の早炊きを利用することで、わずか19分でふっくらとしたお米を炊くことが可能です。

しかも、瞬時に炊き上げてくれるので、一回あたりの電気代はたったの6円ほどです。

忙しい毎日でも時短、抵コストでおいしいお米が作れます。

スイッチひとつで発芽玄米が作れる

健康志向の方におすすめなのが発芽玄米。

通常の炊飯器で作る場合、何かと手間がかかります。

そこで、発芽玄米をよりおいしく食べるなら、「CUCKOO New圧力名人」がおすすめです。

通常、玄米は18時間から24時間ほどかけて発芽器で発芽させます。

その点、「CUCKOO New圧力名人」は4~6時間で発芽を行い、そのまま炊き上げることが可能です。

しかも、スイッチひとつで炊き上げることができます。

とはいっても、今の炊飯器でも発芽玄米を市販で購入すればいいのでは?と思っている方は多いです。

実は、市販の発芽玄米の場合、人工的に成長を止める処理などが行われているため、自然な状態とはいえません。

より品質の高い発芽玄米を作りたいなら、「CUCKOO New圧力名人」のように発芽から行ってくれる炊飯器がおすすめです。

また、保温の際にも発芽玄米が最も良い状態になるように自動調整機能が付いています。

これによって、常に栄養素が高く食べ応えのある発芽玄米が食べられます。

さらに、「CUCKOO New圧力名人」なら発芽玄米よりも栄養素が高い酵素玄米を作ることも可能です。

酵素玄米は、玄米と小豆、少量の塩を混ぜて炊き、3日間以上保温した玄米のことです。

この状態で寝かせることで、玄米の糖質に小豆の成分が反応しておいしくなります。

より発芽玄米にこだわりたい方は、「CUCKOO New圧力名人」でしかできない酵素玄米にもチャレンジしてみてください。

酵素玄米炊飯器 CUCKOO New圧力名人



炊飯器なら食感も自由自在って本当?

自分好みの食感に仕上げるためには、それなりに水加減や炊き加減を考える必要があります。

もちろん、今の炊飯器でも試行錯誤を繰り返して自分好みの食感にできますが、これでは時間と手間がかかってしまいます。

そこで、利用したいのが超圧力炊飯器「なでしこ健康生活」です。

お米の柔らかさと香ばしさを4段階ずつ用意。

世界特許技術を利用して、どんな人でも好みの食感が見つかる16パターンの炊き上がりが用意されています。

わざわざ水加減や炊き加減を調節する必要がないので、手軽にお好みの食感のお米が楽しめます。

さらに、7種類のごはんを炊くことが可能。白米、赤飯、玄米・発芽、おこげ、もちもち白米、雑穀、中華粥を炊き分けることができます。

また、炊飯器の食感をさらに高めるならブランド米との組み合わせがおすすめ。

食感に適した特徴のあるブランド米で炊けば、よりおいしく好みの食感を持ったお米を炊き上げられます。

また、玄米を炊くモードやもちもちとした白米を炊くモードなどがあるので、特徴に合ったお米を手に入れて、「なでしこ健康生活」をより上手に利用していきましょう。

強い火力でかまど炊きのような食感

最近では、かまど炊きのような食感も炊飯器で作ることができます。

かまど炊きは100度近くの温度で一気に炊き上げます。沸騰後に火を弱めてしっかり蒸らすことで、もっちりとした食感と甘みのあるご飯が完成します。

しかし、火加減や水の量などによって大きく味が左右されてしまいます。

かまどを利用しなくても鍋を使うことで、かまど炊きのような食感に仕上げることができますが、やはり本物には及びません。

そこで、手軽にかまど炊きのようなご飯を味わいたいなら超圧力炊飯器「なでしこ健康生活」がおすすめです。

最先端のデジタル技術を用いてかまど炊きのような細かな温度管理を実現。独自の加熱・加圧制御機能を搭載しているため、スイッチひとつで理想のかまど炊きが完成します。

また、超圧力炊飯器「なでしこ健康生活」はかまど炊きよりも超高圧でお米を炊き上げます。

業界最高クラスの1.8気圧なので、早炊きもわずか19分。

かまど炊きの味わいがスイッチひとつ19分で出来上がるので、忙しい毎日でも問題なくおいしいお米が食べられます。

圧力炊飯器なら【なでしこ健康生活】16通りの選択・炊飯できます。

まとめ

高級炊飯器を使うことで、誰でも理想のお米を炊くことができます。

おいしいお米を炊くためには、さまざまな条件が必要になりますが、高級炊飯器を使えばスイッチひとつで理想の仕上がりになります。

炊き上がりまでの時間も短いため、忙しい現代社会にぴったりです。

少しでもおいしいお米を炊きたいという方は、高級炊飯器を検討してみてください。

豊富な機能で多様なお米を炊くことが可能です。

温かい状態でも冷めてもおいしいお米を味わって、日々の生活を充実したものにしていきましょう。